ようこそ、クライミングモンキーのページへ

12.11 海ノ中道3時間耐久レース (村田)

海ノ中道3時間耐久MTBレースに参加して

  • とき 平成17年12月11日(日曜日)
  • 天気 晴れ時々曇り
  • ところ 海ノ中道海浜公園
  • 参加メンバー
    佐藤(富)、村田、池田
         

おNEWなサスペンション!

本来は、完全なオフシーズンになっている時期なのですが、今回はレース用MTBをフルサスペンションのやつに変えたので、どんな感じか確かめるのも兼ねて参加してみた。

まあ、自分的にはここのコースは平坦なうえ松の根がボコボコでていて、坂という坂も大して無いので、耐久レースとはいえ結構楽しく出来るだろうと安易な気持ちでエントリーしたのもある。

当日は、かなり寒くてスタートまでどういう格好で走るかギリギリまで迷った。

予想外な展開

いよいよ、スタート。長丁場なので最初からガンガンはやめておいて、適当に走り出す。
ペースはソコソコに走っていると、30分経過時点の順位がアナウンスされた。
なんと、一緒に行っている池田君がソロ部門で現在2位に着いている。

彼も長距離は速いからな〜なんて聞いていたら、な、なんと自分も5位に着けていた。
こりゃ、がんばらんとな〜と思ったのが間違いだった。

やっぱり・ な。

オーバーペースがたたり、だんだん足が回らなくなってきたうえに腰痛が出てきた。
2時間経過した頃、情けないと思いつつも、最後まで走る為にピットから出て自転車を降りてストレッチをして、ボトルを1本おいて、ゼリーの補給食を摂った。

この間、約10分。
2周近く走れる時間だが、痛みには勝てなかった。
結局、ゴールする頃(3時間後)には濡れ雑巾を絞った後のようにボロボロ状態だったことは、言うまでも無い。

しかし、ここからがいつものレースと違った。

新しい楽しみ ミッケ!

今回は池田君の車に乗せてもらったのだが、天気予報で寒くて雨模様の予報だったので、近くに温泉施設をリサーチしていたのが大正解!二人で温泉に浸かって反省会をしつつ、疲れを癒し、その後は近くの「餃子の王将」で腹いっぱい食べても千円前後の栄養補給をして帰路に就いた。

今回のレースで勉強した事は、海ノ中道でレースがあるときは、帰りに新宮温泉に寄って、
餃子の王将でたらふくメシを食って帰る。
というのが今後グローバルスタンダードになるであろうとの事だった。

なんのこっちゃ!!

by 村田 潤
                            

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional