ようこそ、クライミングモンキーのページへ

3.27 フクサヤカップ (池田)

フクサヤカップレース

  • とき 平成17年3月27日(日)
  • ところ 熊本県小国

3月27日(日)熊本県小国でMTBスプリントクリテリウムという、いままでにないMTBのレースがありました。

簡単に説明すると比較的短い距離の周回で(今回は2周)、5人〜6人1組で一斉にスタートし上位3名ずつの勝ち上がりで進んでいき、4回勝てば決勝戦に進出できるレースです。

さて、今回は私の新車(コメンサル)と息子のデビュー戦でもあり、とても楽しみにしていたのですが、天気は雨、普段の行ないを反省しつつ試走に出かけました。

息子は始めての山道と雨でぬかるんでいる為か、なかなか前に進みません。

とにかくも〜やめると言われないようにゆっくりでいいよ

順位は関係ないから今日は最後まで走ればいいから

などと言って、とにかくやめさせないように一生懸命でした。

試走が終わる頃には、早速父の出番。

今回は5ヶ月間待ち続けたコメンサルの初走りなので、絶対に速く走れると思い込んでのスタート。

一瞬で現実と向かい合う羽目になり、私のこの5ヶ月間の期待と思い込みはいったいどこに?

いったんだ〜・・・・・

この後の走りについてはあまり語りたくありませんとです。

父です。父です。父です。・・・・・(ヒロシのまね)

息子の方は、スタート前かなり緊張しているみたいで、父のつまらないギャグは軽く無視しスタートに集中している様子。

スタートバン無事に出走ぬかるんだ道をスルスルと2番手で通過、

坂道でギヤチェンジミス3番手に後退した後は自分のペースをキープし3位でゴール。

本人の満足そうな顔を見て父も安心しました。

お互いに2回戦進出を決めたのですが、雨で体が震えるぐらい寒く残念ながらリタイヤしました。

その後は、コース敷地内にある温泉に入って家に帰りました。

帰る途中にまたレースに出るか?

との父の問いにうんとの返事だったので今日のレースはよかったのかと思っています。

コメンサルでも速く走れない池田でした。(あ〜思い込みとは悲しいもの・・・)

by 池田

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional