ようこそ、クライミングモンキーのページへ

4.19 オートポリス3時間耐久 (大城)

オートポリス3時間耐久レースレポート

  • とき:平成20年4月29日(火)
  • ところ:場所:上津江オートポリス
  • 天候:サイコー
  • 参加メンバー
     池田、大城

今シーズン初レース

いくつかエントリーはしてたんだけど。
まず海ノ中道シクロは雨で断念。
クラモンシクロは子どもの行事でぜんざい無料配布のみ参加。
きらら浜は雨&高速道路の通行止めで・・・

我がチームからは、今シーズン絶好調の後、最近絶不調で
コケてばかりのエースIさんと参加。
Iさんのクルマに便乗し、いざ出発!

しかし、スタート午前8時。ちょっと早くない?
5時前には迎えに来てもらってオートポリスへ。

7時前には着いたけど、もうかなりの人が先に来て準備してた。
早速排便。ホッ・・・

Iさん所有の慣れない3本ローラーでフラつきながらアップ。

Iさんは相変わらず調子もモチベーションの上がらないらしく、アップもろくにせず、マシンは通勤号、ジャージも旧クラモンジャージ。

エントリーメンバーを見ると、お〜、いるわいるわ有力選手が。今回もキツいレースになりそうや。

大分市チームのT博士や豊後大野市のAさんたちと対面。
みんな仕事や子育てが忙しくてなかなか思うように乗れてないみたい。

今回の目標はズバリ完走!それで十分です。

レーススタート。

数年前と違って、最近のオートポリス3耐はアベレージが高い!

速いわ。

どうせ最後まで持たないだろうと序盤は前でちょろちょろして楽しんで、疲れたら後ろに下がる、そんな走りをしてました。

2時間過ぎたころだったかなぁ。
前と少し空いてしまったので、ホームストレートで前を追ったその後!もも、ふくらはぎ両方、両足攣りそうな気配が!

回して回してゴマかしゴマかしついて行く。
しかし2時間半。ついに集団からキレた。
あ〜、終わった〜。

と思ったその瞬間。

ん!?Iザルさんが前にいる!そして叫ぶ!

「俺が集団まで連れていっちゃるけん、ついて来い!」

ぬぅぅ、いらんことしてくれるわぁ〜!うおりゃぁ〜!!!

他にも数人ひきつれて怒涛の牽きについて行く・・・

息も絶え絶え(←その一因を後ほど説明)ついていくのが精一杯。

それでも集団との差が縮まらずとも開きもしない。
そして2周半ほどかけて複雑な思い(笑)で集団復帰!

それから何とか集団に食らいついたが、2時間50分、上りで進路妨害されてブチッ!

残り時間からすると2周。

どっちにしてもトップから追いつかれることはないわと思いながら適当に走っていたら、明らかに同じ境遇の人が何人かいる。

それなら1つでも前でゴールせなイカン!向こうもその気らしい!!醜い争いの結果(笑)、同タイムながらタッチの差で敗北・・・。結果、39周でゴール。

さて、Iザルさんはというと、途中まで先頭集団で走っているのはわかっていたんだけど、後輪のクイックがいきなり外れたらしく脱落。

その後も、ウ○コを催し、トイレへピットイン。

その後、あのアシスト!どおりで呼吸が苦しいはずやわぁ〜。
何か臭ったもん!(笑)

その後は、小学生のために前を牽いてやり、スリップストリームを体験させたり、レース初心者っぽい人たちと集団を作って走り、先頭交代を教えてあげたり、また、中切れした連中を引っ張りあげたり(僕も含め、あのアシストで3人は先頭に復帰できた)と、それなりに楽しんだようです。

3時間十分楽しみました。

特にIザルさんのおかげでもうひと苦しみするハメになりイイ練習にもなりました。

次はもう県体かな〜。それ以前に選ばれるんかいな・・・(汗)

by 大城

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional