ようこそ、クライミングモンキーのページへ

4.24 第9回 南日本ロードレース (大城)

第9回南日本ロードレース

  • とき 平成19年4月15日(日)
  • 天気 雨/晴れ
  • ところ 南日本サイクルフェスタIN北薩広域公園
  • 参加メンバー
    藤、池田、大城

今年初レース。

「出発できる!」その喜びでいっぱいでした。
初レースとして出場するはずだった西日本チャレンジは長男の「ウ○コふんばり事件」により不参加・・・

今回は、我がチームの池田、藤、そして大鬼の若おっさん3名で出発。

しかしやっぱり遠いわ、鹿児島は。
午後3時に出発して、熊本へ。
熊本IC手前の「北熊」(←知ってる?ラーメン美味いよ!)に付いたのが6時前。
ゆっくり食べてそれから高速に乗って横川ICまでひた走る。

それからさつま町に入ってイイ感じ?にひなびた宮之城温泉郷の区営の温泉へ。
150円也!会場手前のグラウンドにテントを張って寝る準備できたのが11時前。

芝生のグラウンドにテントを張って、下にはシートと毛布を敷いて、
寝袋に入れば!うん!なかなか快適!さすがの僕も眠れそう!・・・・そう思ったもののやはり神経はそんなに簡単にズ太くなるものではありませんでした。

環境が変わると眠れないタチの私メは、シッコもらす夢は見るし、寝返りを何度うったか数え切れません・・・そしたら待ちに待った朝が来ました・・・
5時半起床!とっくに起きてたけど!

早めに会場入り。飯食って、着替えて、早速試走。
田園風景や茶畑の中を走る13キロ。

最終周回だけ会場内に入り、遊歩道を500m上ってゴール。
田舎とはいえ、公道レース。これは気分良さそう。
出場経験のある先輩方のアドバイスに耳を傾け、イメージトレーニングバッチシ!

いけるでぇ!

ところで出走するマシンですが、池田、藤両氏は高級車であることはもちろんなんだけど、

  1. 藤氏のホイールはコスミックカーボン
  2. 池田氏は「実父」、失礼、「ZIPP」のディープホイールですか・・・

自分のキシリウムがみすぼらしく見えたのは初めてやわ・・・

しかし、スタート前から小雨パラパラと。
「ホイールが風邪ひく」とわけ分からんこと言いながら、
そそくさとZIPPをキシリウムに交換する池田氏。「ちっちぇ〜男だな〜・・・(by藤&大鬼)」

そんなことしてたら召集の時間。
いつものことだけどみんな早そうに見えるんだよな〜。

さあ スタートや

最初はパレードスタート。しばらく(かなり?)走って本スタート!

かなりのスピードで巡航!

上りは緩やかなものばっかりなので、みんな結構重たいギアでガシガシいってる。
でもこっちは「踏まない!回す回す・・・」こればっかりを意識してとにかく
足を残す(イメージ)。

しかし、前の方にいる人はみんな元気良さそう。30代のおっさんも活きがイイ!こりゃ頑張らにゃ!

しかし、鹿児島まで行くとこっちの方のレースで合う「あ、この人ね」という人があまりいないんですよ。

多分向こうの人もこっちをそう思っているだろうけどね。ここでも鹿児島との「距離」を感じます。

小雨は降ったし、折り返し地点やタイトなコーナーは要注意!

しかしその直後は、必ず先頭がペースを上げる!

でも、これも出場経験のある二人からレクチャーされていたので折り込み済み。
少し集団から飛び出す選手がいても下りで集団が吸収するといった感じで大きな集団のまま最終周回。

行ったるでぇー。

最後の上りもペースは上がるが大きな動きはなし。

「予想通り最後の遊歩道勝負やな!」

会場入口(遊歩道入口)は下りで直角に曲がらなければならない。
「ここへの入りが重要や!」もう少しで入口。もう少し前に出よう!と思った瞬間、終始レースを引っ張っていた鹿屋大の選手が一気に前に出た!

ここだ!

後ろについて2番手でカーブを曲がり最後の遊歩道へ!
入りはバッチシ!斜め後方、遊歩道最初のカーブで落車発生!

下見をしたとき、ちょっと砂利った遊歩道だったので、スピードを出して曲がると危ないかもな〜と思っていたので、少し大回り気味に曲がったのも正解!

あとは上るのみ!!ここでもシッティングでひたすら回す回す!

ここで、ある選手が追い抜き様に後輪(スプロケット)をこっちの前輪に引っ掛けていきやがった!

「よ、よくも!俺のキシリウムを!まあ、でもカーボンホイールじゃなくて良かった〜
(持ってないくせに。それ以前に追い抜かれるなよ!)」というのはウソで、その時のホンネは「コケんで良かった〜」。

もう少し残っていると思っていた足も大して残っておらず、2人に抜かれて、20才以下、20代、30代が同時出走したので全体で4番目にゴール。

しかし、確認していた!俺の前に30代のおっさんはいなかったと!

リザルトが出てそれは正しかった!チャレンジクラス30代優勝

チャレンジクラスの年代別とはいえ「優勝」。気分がイイね〜♪
そして何より気になってたのが賞品の方。
優勝だからそりゃイイもんがもらえるだろうと思ってね。

鹿屋体育大学自転車部もドリンクに採用している黒酢「桷志田」(←毎日飲んでます!)とさつま町の名物(九州一の生産量らしい)南高梅の梅干でした。

こりゃイイ土産ができた。
また会場で飯食ってたら黒酢ウォーター(500mlで300円)の営業に来たので買ってしまいました。

鹿屋体大の「世界の萩原」に営業に来られたら買うしかないでしょ!

そういえば、ゴール前の接触の件。

ゴール後しばらくして気がついたんだけど、ホイールは、スポークが曲がり、
振れが出て、ステムはよそ向いてました。
これさえなければ気持ちよく帰れたものを・・・
後日、無事直してもらいました。ホッ・・・

池田、藤両氏もチャンピオンクラスで健闘!高校生たちを追い立て?見事完走(←詳しくは両氏のレポート参照。書くよね?)

「優勝」

もう二度とないかもしれないので一生この思い出をひきずって生きていきます(笑)。
でも一度はゴールラインにいちばんに飛び込んでみたいよね〜・・・

さあ、次、次!

by 大鬼

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional