ようこそ、クライミングモンキーのページへ

5.22 第15回チャレンジ阿蘇 (森永)

第15回チャレンジ阿蘇レースレポート

  • とき:平成20年5月18日(日)
  • 天気:晴れ
  • 参加メンバー
     佐藤富士雄さん、森永

コースの概要

阿蘇神社・赤水・ミルクロード・大観峰・小国・三愛レストハウス・ミルクロード・国造神社・阿蘇神社、従来とは逆のコース。使用許可の関係で赤水への下りの許可がおりなかったようだ。

持って行った物

フォンドリエスト(アルミ、コンパクト、フリー:11/23)・ウィダーイン エネルギー:1、アミノバイタル 1500 フォーエナジー:1、アミノバイタル ハイポトニックチャージ:1、クリスタリン(水 2L):1、キャメルバッグ:1.5L、バナナ

久しぶり

06年の天草、佐賀の大会以来。チャレンジは05以来。
4:30起床。今回は10号線を南下。犬飼から中九州横断道へ。
田中まで開通したばかり。
登りが少ないので省エネ(3000回転以下)走行可。一宮のコンビニでおにぎり2個、アンパン3個入り買う。

5:03分頃家を出て、6:33頃着。F雄さんが迎えてくれた。受付まで時間があるので食事をしてそれから減量。

車内でテレビを見て過ごし愛車fondの組立て。
チェーンに速乾スプレー。
インナー取り付けボルトが全部緩んでいた。
以前アウターを交換したときに締めずにそのままだったようだ。

受付をして着替え(日焼け止めをたっぷり)て開会式。
見渡してもクラモンからは二人のみ。

長崎のkkさんもわからなかった。(エントリーはしていた)開会式後車に戻り、スタートの用意をして阿蘇神社へ。

今回は5人ずつ20秒間隔でスタート。
もう既にかなりの人が並んでいてスタートはかなり遅れそう。
もともとエントリーが243番だから50人ずつでも15分くらいは遅れるのだが。

9:40分頃スタート。

みんな一列で乱す人が居ない。
15分くらい行くとやっと動きがあり、少しずつ前へ出る。

登りが始まる。

途中からペースが同じくらいの鹿児島京セラの疾風というジャージの人を見つけ一緒に登っていく。

途中で声を掛ける。
登りついて平らになるとその人は先にいってしまった。

途中いったん停止のところで後から4人パックが来た。
その中に高齢の人が居たが、先頭交代しながらグイグイ先に入ってしまった。
エイドで見た番号で確認するとなんと66歳!!。とても信じられない。頑張ろう。

アミノバイタルのエナジーを補給していたので、小国のエイドでは麦茶を飲んだだけで再スタート。

ここからは三愛レストランめがけてひたすら登る感じ。
午後の暑さもあって無理しないようにゆっくり上がり、ペースメーカーが居たのでついてゆく。

大きなアップダウンがなかったのでレストハウスが見えたときは、とてもうれしかった。

ウィダーインを補給。
レストハウス通過後は向かい風が結構あったのでペースが余りあがらない。

そのまま下るのかと思ったら、大観望のほうへ曲がらされたのでちょっとがっかり。

でも直ぐに降りる案内があったのでちょっとほっと。
下りは急勾配で一部コンクリート舗装。
怖かったが無事下りつく。

途中の国造神社には立ち寄ってみたい風情があった。
そこからは5kmくらいの平地。

後から二人来たので付いていき商店街の入り口で自転車から下ろされて歩きでゴール。

3:17(前回3:20)分。距離は87km。

昼食はカレーライス。結構たっぷり。
食後直ぐにアゼリアまで帰り風呂。汗を流してつからずに出た。

14:10頃車でスタート。帰りも来た道を帰る。
2時間ほどで帰り着く。

走り終わって

今回は、意外と疲れが少なく痛みもなかった。
普段クロモリに乗っているので、アルミはやはりごつごつした感じがある。

逆コースだったというのもよかったと思う。
前回、赤水からの帰りのアップダウンは腰に来てしまい、後遺症が長く続いた。補給食のウィダーとアミノバイタルは疲労回復に役立ったし、ハイポトニックは蜂蜜の味がして飲みやすかった

1Lで溶かすと少し濃く、咳き込んだけど。
次の阿蘇望は他の行事と重なりそうなので行けそうもないので、今年のサイクリングはチャレンジで終わりかも・・・。

by 森永          

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional