ようこそ、クライミングモンキーのページへ

5.29 第24回チャレンジロードinビッグアイ (穂積)

第24回 大分県チャレンジサイクルロードレース in ビッグアイ レポート

  • とき 平成17年5月29日(日)
  • ところ 大分スポーツ公園 ビッグアイ周辺特設コース
  • 天気 晴れ

「ビッグアイでロードレース?」初めて聞いた人には理解しにくいことではないでしょうか。

ビッグアイ」は2002年にサッカーのワールドカップが開催され、現在はJ1大分トリニータのホームグランドである。

今日はそのビッグアイ周辺で自転車のロードレースが開催されるということで興味津津で会場に行ってみると、園内道路や駐車場である場所にコーステープが張りめぐらされコースが完成しているではないか!

いつもと違う風景に驚きを感じながらここでもレースが出来るのだなという新鮮な気持ちで会場入りしました。

駐車場には県外ナンバーが多く見られ大分市内は元よりここは近くに高速道路のインターチェンジがある為、交通アクセスがよく利便性がいいので県内外から多くの参加者がいるようです。

大会は、ロードレースが7クラスとチームタイムトライアルの8カテゴリ−に分かれていてそれぞれ自分のレベルに合わせて参加でき子供から大人まで楽しめるものであった。

レースはというと私はエキスパートクラス(4.7km×10周=47km)に出場しました。

初めてのコースでもあり今の調子がどれくらいなのかを確かめるのにいい舞台なので楽しみでした。

しかしいきなり出鼻をくじかれてしまいました。スタート方式が“ローリングスタート”というもので初体験の私は要領が良くわからなくとりあえず最後尾につけスタートを待ちました。

スタートした後に徐々に前方にでる作戦でいましたが、フォーメーションラップでいきなりスピードが上がりスタートをした時には先頭が飛び出していて「しまった!」と思った時には手遅れで、スピードに乗れず遅れをとってしまいました。

そこからが大変でしたなるべく前につこうとしますが集団がコース一杯に広がっている為、なかなか前に行けません。

1周目は先頭集団から離れまいと集団に食らいついて行きますが集団が長くなり後方にいた私は先頭がアタックをかける度に前との差を縮める為に足を使ってしまい無駄な走りをしてしまった。

・・・「スタートの時前に並んでいればよかった」・・・

2周目も集団のスピードが速く心拍は180を超えているし、足も思うように回らなく徐々に使い果たしてしまい、2周目を走っている時点で既に足は売り切れ状態となりました。

3周目に入ると先頭集団から遅れ始め第2集団で走っていると、コースマーシャルから「先頭から○○秒遅れ」 の声が聞こえてビビリが入るが先頭を追う力は残っていません。

4周目になると「先頭から○分○○秒遅れ」の声「さっきより差が開いている!」。

5週目に入ると第2集団からも遅れ始めコースマーシャルの声にさらにビビリがはいり、まだ半分も走ってないのに先頭とのタイム差5分の半分以上を使っている「かなりやばい!後何周走れるのだろうか?」。

6周目を終え「次の周回に突入!」と7周目に入ろうとするとコース前方に係員の方が立っています。

「もしかして・・・!」係員の方が私のほうを見ながら「コースから出てください」と旗で手招きをしています。

悲しいかなタイムアウトとなり7周目はありませんでした。

「情けね〜!!」との思いで泣く泣くコースアウトしました。

今日のレースは、スタートの重要さ、レース中位置取りの悪さにより無駄足を使いすぎ、それとなにより自分の力なさを感じたダメダメな内容となりました。

レース内容は別にしてコースとしては多少狭い箇所があるが長い坂がなく全体的にスピードコースであり、減速を必要とするコーナーが多く「ストップ&ゴー」の多いテクニカルなコースであると同時に観客の観戦ポイントも多く応援を楽しむことができ、ロケーションも楽しめる(走っている時にはそんな余裕はないでしょうが!)コースであると感じました。

この大会は初めてにしては盛り上がりもあり、コースもおもしろく、交通の便もよいことから今後もこの会場での大会開催を期待します。

そして「次こそは!」とリベンジを誓って会場を後にしました。

by  穂積

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional