ようこそ、クライミングモンキーのページへ

9.10 第58回大分県民体育大会自転車競技 (5名)

第58回大分県民体育大会自転車競技」 レポート

  • とき 平成17年9月10日(土),13(火)
  • ところ ロードレース オートポリス ,トラック 別府競輪場

第58回大分県民体育大会

今年の目標は、この大会に参加する事だったので、無事に終わってほっとしている。
結果としては、個人種目の1000m速度競争が第3位、チームとしての2000mチームパーシュートが第2位、総合では大分市が第1位と満足いく結果であった。

短期間ながら頑張った!

今年の1月からピストに乗り始めて8ヶ月でここまで来れたのは、周りの人からいろんな事を教えてもらいながら、それを素直に受け止めて練習してきたからだろうと思う。

本当は、いろんな練習方法やヒントなどを100個教えてもらっても、その半分も出来なかったかもしれないが、自分の出来る範囲で頑張ったつもりだ。

試合後の打ち上げも大変盛り上がり、皆で勝ち取ったという一体感も感じられた。

普段のホビーレースでは、「あ〜、ダメだったー」で済むが、市を背負って戦うとそれでは済まされないプレッシャーで眠れない日々もあった。

だが、そういう経験を積む事が出来る人もごく一部の人だけなので、それを誇りに感じる事も学んだ。

来年も頑張ります!

いつもは経過報告のレポートだが、今回はメンタル面での勉強、周りの人たちへの感謝の気持ちを書きました。来年も出られるようにがんばろう。

PS.次回からはいつもの手に汗握る現場レポートをお伝えしまっせ〜。

by 村田

第58回大分県民体育大会

今回で4回目の大会。

1回目の出場時を、今、思い起こせば いつの間にか大会当日となり、足はガクガク震え、のどは渇き、「あっ!」と思った瞬間にレースは終了し、打ち上げの場で酒を飲んでいた。

連続優勝の危機

連続優勝22回目で過去最大の危機を迎えたようだった。

最終種目まで大野郡に負けていて、最後の最後に同点。
優勝種目の多い大分市の優勝となった。

ロードレース、トラックと出場させてもらい、いい経験をつんで自転車にはまっていった経過がある。
純粋に「競技の面白さ!」に触れ、感動した大会であった。
それからもう4回の出場!

公私ともども過去最高に大変な年でもあった今年の大会で、またまた、忘れることの出来ない、思いもがけない経験をさせてもらった。

トラック競技の一種目で優勝をした。

「ウイニングラン」400mのトラックを一周したときの、あの気持ちの高ぶりは多分「一生」忘れることの出来ないものになるのだろうと思う。

また、来年も出場できるように、今まで以上に精進を重ね、今年やられた悔しい思いをぶつけてやろうと思う。

まってろ!「後ざる、池ざる、藤ざる、大ざる」!!

それと、こんな経験をつめる自転車競技の面白さをいろんな人に触れてもらいたい、経験してもらいたいと思うとともに、環境についても考えて行きたいと思う。

by 黒枝

県体のおもひで

県体出場は今回2回目。
昨年は何も実績がないにも関わらず、大抜擢!?されたが、スタート直後にチェーンが外れて・・・

今年は春先からいくつかのレースで上位に入り、ロードレースのレギュラーになることができた。

しかし、練習不足・・・どこまで走れるのか不安を抱えたままの出場となった。
草レースに出場するのなら「行けるところまで行けば」的な気持ちでも良いが、やはり県体は違う!市の代表選手として走るのだから!

結果は

結果は個人7位、総合1位。
内容は反省だらけではあるが、10位以内に入り、ポイントを取れたことはうれしかった。

来年はスタメンで。

トラック競技ではスーパーサブで出番がなかったが、他のメンバーの熱い走りにまじめに感動した!

昨年は打ち上げでも居場所がなかったが!?今回は一応居場所があった(笑)。
その時にもらったピストスーツを着られるかどうかは別として、また来年も県体に出場できれば、と思っている。

「来年の県体はもう始まっている」という監督の言葉に焦りを感じつつ・・・

by 大城

“クラモンPOWER”

今回の県体は、市町村合併後初めての県体であり大分市も旧佐賀関よりH野さん、T橋さんの加入でパワーアップし終わってみれば大差で総合優勝することが出来ました。

自分はというと戦前の予想とおり走れなかった。(大分市チームの皆様ごめんなさい。)
今大会はクラモン勢の活躍が目立ったように思います。

自転車競技では、ロード部門で個人2位くにおさん(豊後大野市代表)、3位池ザルさん(別府市代表)、4位藤ザルさん(大分市代表)、7位大鬼さん(大分市代表)、9位ダークモモさん(大分市代表)、炎の走り松ぼっくりさん(大分市代表)、トラック部門においても競輪でくにおさん、エリミネーションでダークモモさん、1kmTTで藤ザルさんが優勝し、1km速度競争でスウ爺さん3位、ポイントレースで池ザルさん3位とクラモンのメンバーの活躍が光っていた。

特に自転車競技歴の浅いスウ爺さん、池ザルさん、大鬼さんのがんばりには、自分に“喝”をいれられました。

山岳競技においても、穴ザルさん、和ザルさん(共に大分市代表)が出場し、大分市の4年ぶりの総合優勝に貢献したこともクラモンのパワーを感じました。

各市に分かれて、いろいろな種目で活躍できたことは個人が強い意志をもって練習している成果であり今後もライバル意識をもって練習すれば個人のレベルアップにつながりクラモンチーム全体のレベルアップすることだと思われます。

「お前が言っても説得力がない。」と言われそうですが来年は今年のことのないように練習に精進し、来年はチーム“クラモン”に入れることを目標にがんばります?・・・しかし早く風邪を直さなければ。

by 穂積

県民体育大会の報告書

いや〜、まさかまさかのロード3位、トラック6キロポイントでも3位と最高の結果でした。

実は7月20日の3時間耐久レース以後、ひどい夏バテになり練習量・質共にダメダメで、今年もまたチームに迷惑をかけるかなと思いながらレースに当日を迎えました。

ロードレースはスタートしてとにかく集団についていくことだけを考えていました。
いつアタックがあるのか、ついていけるのだろうか?頭の中はそればっかりで気づくと最終回。3位でゴール、やった〜

6キロポイントは今回が始めてのレースなので勉強のつもりで出場、周りを見る余裕もなくただ3周回目をダッシュ、足がなくなったと同時にゴール。
順位よりもゴール出来た事にほっと安心。結果3位よかった。

ということで今年の県民体育大会は

“よかった、よかった”の大会でした。

by 池田
                            

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional